英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

アフリカツインのブログを書いてた件


REIVLOGのブログ版ってことで、この「REIVLOGのREIBLOG」を作った割に全然更新してない件について、やれやれだぜ、です、REIです。

この写真がなんだか使い勝手が良くて、YouTubeの方で場面転換の挿絵な感じで愛用してますが、アフリカツインにガッツリ乗ってました、やや忘れてました。


こんな雄大な景色の中を走って、美味しいものを食べて(たいがいセイコーマートの豚丼)、楽しい思い出がいっぱいです。

厳密に言うと、忘れてましたけど、楽しいことがたくさんありました。


ん、アフリカツインがジャストサイズ。細かい取り回しはでかいけど、乗っちゃえば、エンジンをかけちゃえば手足のごとく直感的に乗れる良いバイクでした。

で、ですね、今回はなんの話かと言うと…。


これ、僕のインスタです。

https://www.instagram.com/reifukuchi/

こちらもぜひフォローしてください。

YouTubeTwitterと、ちょっとずつ違うネタを投稿しています。つい先日、家族でイチゴ狩りに出掛けたんですね。その時の駐車場が完全にダートで、久しぶりにダートをどかーんと走りたいなぁと思って、そんなことを言ってたんです。

そこで、こんなコメントをいただきました。



なんと!

読んでくださっていた方がいたとは!

フィードバックがないから、誰も読んでないのかと思ってた…。
コメントをいただき、ありがとうございます!嬉しいです!
自分がウェブのことを忘れててごめんなさい。



これは元々はダートスポーツというオフロード専門誌の連載がベースで、そこから派生したオマケのようなブログだったんです。ホンダxダースポなおかげで、アフリカツインに乗って、北海道4daysラリーというイベントに出させてもらえたんです。

そのブログのリンクは、最後に載せておきますので、ぜひご覧になってください。

自分で言うのもなんですが、普段他誌で書いてるようなインプレ原稿よりも面白いです(笑)書いてる本人がめっちゃ楽しかったからでしょうか、インスタでコメントをいただいて久しぶりに読み返したら面白くて悔しかったですよね。最近自分が楽しい原稿を書いてませんでした。

きっとそんな気持ちが根幹にあって、”好きなことしかしない”ということと、”好きなものしか紹介しない”という自分レギュレーションでやってるのが、僕のYouTubeなんです。


訴求する側が楽しくなかったら、その製品に興味がなかったら、そりゃダメですよね。メーカーやブランドの中の人たちと対話を重ねる中で、「メディアに取り上げてもらえたんだけど、よく説明はできてるんだけど、でもうちの製品のこと愛してくれてないんだよね…」と言われたのがグサリと刺さりました。

依頼された製品のことを大好きになれるように努力はしますが、そもそもそれ以前の段階で、好きだから紹介させて欲しい、というスタートで自分の技術を磨こうと思ってやってるのがREIVLOGなんです。

おかげさまで、動画制作や動画出演の仕事が急増して、逆に執筆の仕事が激減しております(笑)

頼まれたことをするのが本来の仕事だけど、やりたいことを仕事にする方が、僕は面白いです。趣味を仕事にしたらダメだ、なんてよく聞きますが、それは時に稼ぎにくいことが多くて、「つまらないことが仕事」なのか「仕事はつまらない」ということが一般化していますよね。
好きを仕事にする可能性を上げられるツールが無料で使い放題ですから、うちの子どもにもそういうものを工夫する発想を持ってもらえたらと、パパ思う。

というわけで、玉砕覚悟でダートスポーツ編集部に遊びに行ってみます。続きがやりたい。面白い文章を書きたい、楽しい文章を書きたい。




REIのアフリカツインに抱かれて

vol.1「初めてのアフリカツイン。アサマで運命の出会い」
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/26617

vol.2「北海道に到着、そしてレースに参加するための試練!」
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/26705

vol.3「攻めのトルコンと守りのトルコン」
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/26872

vol.4 「いつもは黒髪のREIが北4で金髪だったワケ」
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/26878

vol.5 「アフリカツインで見つけた北海道=タヒチの法則」
http://www.zokeisha.co.jp/dirtsports/archives/26988






はい!いかがでしたでしょうか!
まだ読んでない方は、読んでここに帰ってきてください。

文章だと動画みたいな流れで対話ができないから難しいですね(笑)


このブログは何が個人的に最高だったか。
それは自由だったということですね。
好きに書いていい、と言ってもらえたことです。(ノーギャラだしな)

こんなことをまたしたいです。ノーギャラじゃやらないけどね。

ここで一気に難しくなるんだけど、僕の好き勝手に課金してくれる仕事先を作る、というタスクが立ち塞がりますが、この時代に生まれてラッキーでした。直接的な解決先は引き続き模索しつつも、間接的な解決策があるんです。いわば、ゲームのチートのような。

Google先生の広告のおかげで、自分の好き放題を買ってくれる読者様や視聴者様がおられるわけです。見たくない人は、さっと閉じるボタンを押せばいいんです、画面を右に左にスワイプすればいいんです。

僕は好きなYouTuberさんの動画を観まくります。憧れの人の動画を観まくります。僕は無料で観られる。でも、YouTuberさんには広告収益が入ります。素晴らしいシステムでしょ!

YouTubeそのもので生計を立てることは簡単ではありませんが、仕事や縁を呼び込むツールとしては最高です。エンドユーザーと直結できるというメリットも手堅いですよね。フィードバックなくしては、改善はできませんし、フィードバックがあるから、作り手が楽しめるのでは、なんてふと思って、このブログを書いてるわけです。


そして想定より長くなるのは愛嬌。

この辺で筆を置こうと思う。


キーボードだけど。


以上、REIがお送りしました。

コメント

このブログの人気の投稿

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。