英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

新年あけましておめでとうございます!


2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれば、褒めもけなしも、全てを伝えられるのではと。

そう思ってYouTubeを始めたところ、褒めることは仕事でたくさんやりましたが、けなすことをしたことがないので、誰も傷つかないように問題点を指摘する技術がありませんでした。これ、めっちゃ難しいです。だけど、先輩のジャーナリストとお会いすると、裏では誰もが正直に話していて、誰と話していても面白くて楽しいんです。それが表でできないのは、媒体の特性と、使える尺のよるものではと。

なにしろ、プロダクトにはいい面もあればだいたい悪い面もあります。それを伏せたまま話すのは、気持ち良くはありません。

バイクを買う人には、販売店が近くにあって試乗車に乗れる人もいれば、そもそも書店すらなくて、ネットでしか情報を得られない人もいますよね。

バイク好き全員に情報を届けたい、情報を足で集めるのが難しい環境の人にも情報を届けたい、と思ってYouTubeをやっています。Googleで検索をすれば、YouTubeは候補に上がりますからね。Googleにさえアクセスできれば、僕の動画にも到達できます。
余談だけど、Facebookは検索に漏れることが多いので、情報のアーカイブとしては不向きなので、向き不向きが違いますね。

文章にしても話が長い僕ですが、コメント返し動画はちょっと実験的に、そして練習という意味で、より本音を話すということに挑戦しました。

僕の意見は一個人の感想でしかなくて、どれだけの人の役に立つかは分かりませんし、一個人に過ぎないのにメーカーが怒っちゃって広報車を貸してもらえなくなるかもしれませんが、時代は変わっているということを真摯に受け止めるべき時をとっくにすぎているのに、悪しき慣習や風習にとらわれてしまっているところと共闘するのはもはや無理があります。いいものは売れる、よくないものは売れない、シンプルに考えたいです。

ということで、せめてREIVLOGでは、本音で、楽しく続けようと思います。

人の価値観は日々変わりますので、今の僕の感想と、来年の僕の感想は、真逆かもしれませんが、その経過もエンターテインメントとして、包み隠さず育てたいのがREIVLOGです。

見せて話す、このツールとしては今はYouTubeが最適なプラットフォームですね。原稿の向こう側にあった、表情や声色も届けられるんです。

できることなら、先輩の大御所ジャーナリストから本音を聞くという動画を作りたいです。ご足労頂いてもお支払いするギャラがないのでできないのですが(笑)、2018年も手弁当で頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

動画の書き出し中で暇なREIでした。

Final Cut Pro X、頑張っておくれ。
あ、iMac Proは買う。

コメント

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。