あの・・・ブログも毎日更新しようかと・・・

イメージ
はい、みなさんこんにちはREIです。

BLOGでもVLOGと同じオープニングをしていると、意外と文字数が多くてタイピングが堪えます(笑)

こんなスピーカーを紹介する動画が近日公開されます!



SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG10
https://amzn.to/2u3dBLW

一言、音がいいです!以上!


これ仙台のホテルの風呂場です。

部屋がオシャレすぎて薄暗くて綺麗に撮れない、どうしよう…なんて悩んでたら、「お風呂場が明るいじゃん!」と牛タンを食べてお腹いっぱいのおじさん、小躍り。



これはプールで小躍りする我が子です。
ピンボケですが、それでもSONY RX100M4が綺麗に光を捉えてくれました。サメの水着?を着てます、こう言うセンスのマイワイフ、愛してます。


パパは表向きクールです。本人、ただテンションが低めなだけです。

YouTubeで一生懸命ハイテンションをやるので、普段はどんどん静かになっていってます。カメラが回ってないと話せないくらいに。



でね、今日は決意表明一歩手前の、自分の気持ちを整理するブログです。REIVLOGで話すと一気にスッキリするんだけれど、敢えての文章、敢えてのREIBLOG。

はい、Vじゃなくて、Bの方です。


突然ですが、やりたいこと、発表します。

・家族と遊べるように暇になりたい
・暇でも稼ぎたい
・田舎と都会の両方に住みたい
・日本と海外の両方に住みたい

はい、ふわふわした発言!

だけどね、ふわふわして36年くらい、社会に出てふわふわして10数年。むしろ、ふわふわのプロですからね。

その結果、細々とタレントをやりながら会社経営をして、学生時代の頃から夢に見て、アルバイト修行時代に決意した、「サラリーマンにならない人生」を手に入れたわけです。

僕には満員電車や、変な上司、おかしな取引先、といった概念はありません。

その反面、失ったものや背負ったもの、それにリスクについては、すでに感覚が麻痺しているのでいいでしょう。それでもついてきてくれる美しい妻がいるのは自慢です。我が家の子どもと鳥は強制連行のようなものですが、妻は自分の意思のはずです。怖いので、確認はしません。

YouTubeのおかげで、新規のお仕事をたくさんいただき、子どもが生まれたきっかけでパパ気合が入って徹夜しながら毎日更新してよかったなーと、楽しかったなーと思…

新年あけましておめでとうございます!


2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれば、褒めもけなしも、全てを伝えられるのではと。

そう思ってYouTubeを始めたところ、褒めることは仕事でたくさんやりましたが、けなすことをしたことがないので、誰も傷つかないように問題点を指摘する技術がありませんでした。これ、めっちゃ難しいです。だけど、先輩のジャーナリストとお会いすると、裏では誰もが正直に話していて、誰と話していても面白くて楽しいんです。それが表でできないのは、媒体の特性と、使える尺のよるものではと。

なにしろ、プロダクトにはいい面もあればだいたい悪い面もあります。それを伏せたまま話すのは、気持ち良くはありません。

バイクを買う人には、販売店が近くにあって試乗車に乗れる人もいれば、そもそも書店すらなくて、ネットでしか情報を得られない人もいますよね。

バイク好き全員に情報を届けたい、情報を足で集めるのが難しい環境の人にも情報を届けたい、と思ってYouTubeをやっています。Googleで検索をすれば、YouTubeは候補に上がりますからね。Googleにさえアクセスできれば、僕の動画にも到達できます。
余談だけど、Facebookは検索に漏れることが多いので、情報のアーカイブとしては不向きなので、向き不向きが違いますね。

文章にしても話が長い僕ですが、コメント返し動画はちょっと実験的に、そして練習という意味で、より本音を話すということに挑戦しました。

僕の意見は一個人の感想でしかなくて、どれだけの人の役に立つかは分かりませんし、一個人に過ぎないのにメーカーが怒っちゃって広報車を貸してもらえなくなるかもしれませんが、時代は変わっているということを真摯に受け止めるべき時をとっくにすぎているのに、悪しき慣習や風習にとらわれてしまっているところと共闘するのはもはや無理があります。いいものは売れる、よくないものは売れない、シンプルに考えたいです。

ということで、せめてREIVLOGでは、本音で、楽しく続けようと思います。

人の価値観は日々変わりますので、今の僕の感想と、来年の僕の感想は、真逆かもしれませんが、その経過もエンターテインメントとして、包み隠さず育てたいのがREIVLOGです。

見せて話す、このツールとしては今はYouTubeが最適なプラットフォームですね。原稿の向こう側にあった、表情や声色も届けられるんです。

できることなら、先輩の大御所ジャーナリストから本音を聞くという動画を作りたいです。ご足労頂いてもお支払いするギャラがないのでできないのですが(笑)、2018年も手弁当で頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

動画の書き出し中で暇なREIでした。

Final Cut Pro X、頑張っておくれ。
あ、iMac Proは買う。

コメント

このブログの人気の投稿

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

二ヶ月ぶりの近況報告

アフリカツインのブログを書いてた件