iMac Proが欲しくなってしまって困ってます。

イメージ
こんにちは、アップルユーザーのREIです。

困ったパソコンが発表されております。それも、手持ちのMacBook Proが不調な時に!
冷静になれないタイミングで、冷静になれないパワーを持つ新型、どうしたらいいのでしょうか。

答えは出ているようなものなのですが、これを選ぶことで諦めなくてはならないものがあるので、その天秤で悩んでおります。

とりあえず、スペックを少しだけ見ておきましょう。


僕が萌えているのは、ここです。毎日YouTubeを更新している身としては、おそらくは現状のパソコンはここが足りないのではと。これほどのグラフィックは必要かどうかでは、多分不要なんですけど、馬力とトルクはあって困るものではありません。

余裕はありったけあった方がいいんです!

ミカ・ハッキネンかキミ・ライコネンか、確かミカなんだけど、こう言ってました。

"Power is never enough."

ま、正確には、in the circuitと加えてましたけどね。



とか言いつつ、こっちは冷静です。YZF-R1Mを手放せば、18コアも手が届くでしょう。
逆に言えば、どうやっても手が出ません。

ここは最小構成でいいと思ってます。それで買うことができるのであれば、ここは諦められます。


ここもなかなかの魅力です、冷却ね。きちんと冷やしてくれるそうです。こればっかりは使ってみるしか分からないですが、機械と熱の戦いは永遠のテーマですからね。

以前乗っていたDUCATI 1199 Panigale Sのレーサーをシャシダイで計測すると、夏と冬では15馬力以上の差がありました。


というわけで、こんな雑談動画を作りました。いずれアップしますが、悩みをぼやいてるだけの内容ですが、共感してもらえることはあるかもしれません。


例えばバイクを選ぶ時に、1000ccのスーパーバイクが欲しいとしましょう。そうすると必ず一定数の外野が現れ、こう言います。

「いらないでしょ」

心無い、つまらないコメントですね。

確かに、パワーも速さも普通はいりません。
だけど欲しいでしょう?
不要だからこそ、欲しいんです!
贅沢だから、必要なんです!


と自分に言い聞かせる動画です(笑)


アップは来週予定ですが、ぜひお付き合いください。
悶々なう、REIでした。

Amazonオリジナルのドラマ”betas”が面白かった!


ロンドンで育ち、ブラッセルでフランス語をかじって、中学生で日本にきて、英語が年々怪しくなってます、REIです。

今日はバイクとは関係のない話で、ドラマと英語の話です。

モータージャーナリストの仕事ついでに、通訳や翻訳を依頼されることがあります。内容によってはお引き受けして、内容によっては遠慮してます。
自分で海外メーカーに取材するのは別にして、英語の案件は時と場合によって選んでいます。それは自分のスキルによって、「できること」と「できないこと」と「できるようになりたいこと」の違いがあるからです。

英語の勉強の仕方は色々様々ありますが、海外ドラマを字幕なしで観るのが遊びながらの軽いトレーニングになっています。

そこでシーズンを見終わるごとに新しい作品を探すんだけど、たまたま”betas”という作品と出会いました。

内容はAmazonをご覧いただくと早いです(笑)
http://amzn.to/2AX3jPz

面白かったです!!
シーズン1だけで、シーズン2は制作しないと発表されているそうで、それは残念ですが、先が気になる終わり方なだけに妙にスッキリします。その先は自分の想像次第ですからね。


ちょっと内容に触れますが、身売りするかしないかということ。
難しい選択ですが、どちらも正解だと思います。

ただ、自分がスッキリする方がいいですよね。


なんてメッセージがあるように感じたこの作品、ご覧になってはいかがでしょうか。


テックものとギークものに弱い、REIがお送りしました。



この記事とは関係ないけど、この記事を書く直前までこんなことをしていました。
REIVLOGより

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

古い動画を見返しながら思うこと。

スタンドとの付き合い方