新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

KTM中野スペシャルのRC390で耐久レースに参戦した!


REIVLOGは毎日更新、REIBLOGは気ままにやってます、REIです。

先日、KTM中野さんに誘ってもらって、富士スピードウェイのショートコースで開催されたKGF走行会の中で行われた耐久レースに参加してきました。一息で言うと長いです。


RCシリーズは一通り乗ったことはありますが、こうしてレースが戦える状態にまで仕上がってるのは初めて。ノーマルでももちろんそのキャラクターは確認できますが、こうすると本当の実力が試されるようで、面白いです。


前後サスペンションはbituboになっていました。


ブレーキパッドはエンドレス、ディスクはサンスター、
贅沢にもゲイルスピードのホイールも。


バックステップが信頼と実績と美しさのBabyFace。


ヘビーウェットで、全然グリップを感じられなくて、サスをストロークさせられなくて、最初は全くタイムが出ませんでしたが、ドライ用のセットのままでしたので、いわゆる「抜き抜き」でウェットに合わせてもらえて、初めてのマシンで初めてカチッと攻めたコースでタイムもそこそこ出せて気持ちよく乗りました。

転んでも修理代なしでいい?と予防線を張りまくっていた割に、コンピュータがRAPiDBIKE RACINGで、本当にマシンがよくできていたので、マージンを残しながらも結構遠慮なしで乗られました。


このクラスのレインタイヤが初体験。素晴らしいものでした。

せっかくの走行会で、雨だとげんなりしますよね。ビビって走らずに見物してたことが何度もありました。トランポユーザーであれば、パワープレイだけども、スペアホイールとレインタイヤを持っておくといいですね。レインでも、ドライと同じくらい楽しめます。

バイクだけじゃなくて、人間の装備も重要で、それはまた今度。REIがお送りしました。


コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告