新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

樹脂の魔術師、マジカルレーシング


こんにちは、ついにレースカウルが届いて、ワクワクが止まりません、REIです。

http://www.magicalracing.co.jp/racing_body_work/2015_yzfr1.html


僕がYZF-R1M用に選んだのはマジカルレーシングです。プロフェッショナルが信頼して使えるメーカーは、国内で片手くらいの数しかありません。

その中でも僕がマジカルレーシングを選んだのは、仕上げの綺麗さが好きだからです。レース用のものなので、精度なんてそこそこでいいんです。ちょっと歪んでいてもいいんです、綺麗さはそんなに求められません。

それなのに、マジカルレーシングはいつも妥協のない、意地の作り込みをされていて、心が打たれます。他と比べてしまうと、佇まいだけで感じるものがあります。


ノーマル形状の範囲内で、マジカルレーシングの職人さんはちょっと遊び心でしょうか、デザインを変えてくるところがあります。

YZF-R1の場合、このライトの部分を、流れるようなスラントで落とし込み、レースカウルにした時の違和感を見事に消しています。

こういうところが、大好きなんです。

ただノーマルをコピーしたレースカウルは、時に辻褄の合わない、デザインの崩壊が起こります。それをいつもうまく飲み込んでくれるデザイナーさんのセンスがいいんです。



純正カウルかのような、チリの気持ち良さ。


ここまでクリアランスを追い込む必要があるのでしょうかね。


一言、綺麗です。


大事な愛車をレーサー化するなら、こういうパーツを選びたいですね。

REIがお送りしました。


http://www.magicalracing.co.jp/racing_body_work/2015_yzfr1.html

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告