英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

YZF-R6でツインリンクもてぎを走って来た


こんにちは、REIです。

やっとYZF-R6でもてぎを走れました。確認したいことがあったんです。


YZF-R6はブレーキディスクだけ換えています。サンスターのプレミアムレーシングというものです。以前はその一つ上で、最上級グレードのワークスエキスパンドというものを使っていたのですが、今回はこの銘柄を初めて使ってみました。

タッチよし、フィーリングよし、安定性よし、結果として制動力よし、素晴らしいですね。カスタムとしてはなかなか最初から交換するところでもないですが、ブレーキは街乗りでもサーキットでも常に使うものなので、地味な変更点だけど、良さを実感する時間や回数がとても多いパーツなだけに、大満足です。

この良さはREIVLOGで詳しく話したいですね。


クシタニのツナギは三着目。小変更程度の改善を重ねて来て、着心地が最高です。部分によっては、裸でバイクに乗っているようなダイレクト感。大抵のレザーは、硬くて動きにくくてゴワつくものですが、クシタニのプロトコアレザーだけは例外です。

他社製品でもっと薄いもので柔らかく軽いのがプロの契約ライダー向けにはありますが、何年も着られて、メンテナンスもほぼ不要で、気軽に最高峰の品質を楽しめる点を気に入ってます。

いい装備があって、YZF-R6の性能を満喫できました。この走行動画を編集中ですが、また走りたくなってしまいますね。

REIがお送りしました。

コメント

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。