新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

YZF-R1Mがちょっとずつ変わって来ました。


おはようございます、REIです。
平日の月曜日がやってまいりましたね、今週も楽しんで行きましょう!今日はMT-10を借りに行きますね。


昨夜アップした動画ですが、ご覧いただけましたでしょうか。YZF-R1MにGBRacingの2次カバーをつけました。これはレギュレーション対応のためで、個人的にカスタムとしては必要性は感じていないのと、こういうのがかさむとレースに出るための準備が増えてしまうので、ただの樹脂パーツですし、金造パーツのような値段がするのはちょっと悩みものですね。R25に乗るような学生さんや若い子たちが数千円で購入取り付けできるものだったら素敵ですね。


さて、次のステップです。2015-2016だけ、アクラサイレンサーがつきます。近接騒音の計測ポイントを車体から離すための処置でした。結果、消音もしてくれて、街乗りがしやすくて気に入ってます。

レースカウルをつけるためには、キャタライザーが邪魔になってしまうので、その作業のために準備を始めました。


ゴトっと取れました!これがほとんど消音をしてくれているところです。


R1Mさんのパンチラです。ローアングル撮影でお届けしました、REIでした。

YZF-R1Mはどんどんいきますよー。色々我慢して近所をするっと乗るために買ったバイクじゃないんです。行きたい世界に向かってカチッと乗るために買ったバイクなんです。R1Mの本当の姿と会えるのは、これから。


コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告