英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

D;REXのサーキットライフサポーツ


こんな動画をアップしていました、REIです。
今日はちょっと長いですよ。サーキットに興味がある方はご覧ください。


ここはD;REXという筑波サーキットのすぐそばにあるショップです。僕も会員になっていて、ここにバイクを預けています。


どんなサービスかと言いますと、箇条書きで楽させてください(笑)

・バイクを月15,000円で預かってくれる
・筑波サーキットを走るときは一回10,000円でパドックまで持ってきてくれる
・その間に、整備やカスタムを全部お任せにできる、パーツ選択もお任せ

・トランポを所有しなくていい(税金や駐車場代が浮きますよね!)
・走ることに集中できる(面倒臭いことは全部やってもらう!)
・サービスには含まれていないけども、全日本ライダーとメカニックに面倒を見てもらえる(ここじゃなきゃもらえないアドバイスがいっぱい!)

はい、こんな感じです。書き出すととてもシンプルですが、それぞれのメリットは絶大です。

僕が一番の魅力に感じたのが、サーキットの走り方も分からないし、準備の仕方も分からないし、素人が一人でやっていると余計な失敗をしそうで怖いし、誰に相談したらいいか分からないし、何が分からないのか分からなくて不安だし、ただただサーキットって全部怖いし(笑)、って頼る先が欲しかったんです。

ここを主宰されている豊田浩史選手は全日本ロードレース選手権ST600クラス・鈴鹿8時間耐久ロードレース・イベントレースなど、経験豊富な熟練ライダーで、僕が通称トヨさんにハマったのが、趣味としてサーキットやレースやカスタムを理解してくれるところです。

スポ根や部活動のノリでサーキットを走りたいわけでもないし、全日本選手権を目指してプロフェッショナルレーシングライダーになりたいわけでもないし、ただ週末のゴルフのラウンドのように、純粋に楽しいホビーとしてサーキットに通いたかったんです。楽しんでるうちに上手くなって、いずれ格式の高いレースに出られたらな〜くらいの感じで、ライダーとして稼ごうとか、世界に出たいという思いは、サッパリありません!

僕にとってサーキットは趣味です。ツーリングとなんら変わりません。ただせっかくの休日に思い切りバイクに乗りたいだけなんです。

ところが、サーキットってなんだか敷居が高く感じる。どうやって行ったらいいか分からない、詳しい友達もいない。見学に行っても、なんかみんなピリピリしてて怖い。

僕は入り口を探すのに苦労しました。


たまたまイベントに出展してたクシタニの店員さんとおしゃべりをしていたら、走行会に誘ってもらえました。クシタニライディングミーティングという筑波と岡山で開催されている、品の良い走行会です。

当然、ツナギは持っていなかったので、レンタルツナギサービスを利用しました。一回一週間一万円だったかな。

そこのインストラクター陣が豪華で、当時はレースに興味がなかった僕には誰もわかりませんでしたけども(笑)、一番話しやすくて親切に教えてくれたのがトヨさんだったんです。

その走行会に何回か通ううちに、D;REXというショップで、「サーキットライフサポーツ」というサービスをやられていることを知りました。平たくいうと、「バイクの預かりサービスとトランポサービスが一緒になっていて、裏メニューで相談すれば教えてもらえる」という内容です。

一度お店に相談に行きました。
上手くなりたいんです、って。

「うちはそういうサービスじゃないんです(^^;」
断られました(笑)

言葉が足りませんでした。

これまでたくさんの趣味に手を出して、全部半端なまま辞めてきて、サーキットを生涯の趣味としてバイクに長く乗り続けたいんです、って。

「そういうことなら、助けてあげられます。自分が長年レースをやってきて、バイクに乗ってきて、たくさんの失敗をしてきているから、キミが余計な失敗をしないように教えてあげることはできます」
と。

そんなわけで、レーサーへの道ではなくて、バイク遊びのレッスン代と思って入会しました。ゴルフにしてもテニスにしてもダイビングにしても、下手こそプロから習ったほうが早いですよね。初心者だからレッスンなんて…とはよく聞きますし、僕も言いましたが、バイクは間違えると怪我をするし、早く上手くなりたかったので、相談のできる先生が欲しかったんです。

いろんな趣味が続かなかったのは、自己流で行き詰まった、ということも関係していると思います。

どのタイヤがいいのか、どのブレーキパッドがいいのか、ブレーキングとか膝擦りとか以前に、ライディングフォームだって分からないし、全部教えてもらいました。

時には、欲しいパーツがあると相談して、「信頼して任せてもらえるなら、こっちのメーカーの方がこういう理由でいいから、こっちにさせて欲しい」とか、時には「それは走るためにはいらないから、だったらタイヤ代に回した方がいい」と止めてくれたり、「上手くなりたいんだよね?たくさん走りたいんだよね?」という方向に、何度も修正してくれました。

タイヤが減ってるけど、新品タイヤを買うお金がなくても走りたかった時に「サーキットは逃げないから、タイヤを買えるまでは我慢した方がいい」と諭してくれたり。

走り方以前の精神論も教えてもらって、会員の仲間や先輩もたくさんできて、とても充実したサーキットライフを送ることができています。

確かに金額的には高いサービスですが、得られたものは、ベタだけど、プライスレスです。最小限の転倒やコストで、膝を擦って、肘を擦って、優勝して、負けて悔し泣きして、一緒に喜んでもらえて、天狗になるときは一瞬で鼻をへし折ってくれて!

D;REXの会員になることで僕が得たものは、先生と仲間でしたね。コースに出てしまえば一人だけど、一人じゃレースはできないし、そもそも一人で筑波サーキットに行くと同伴者なしだと手続きが面倒くさいんです!

筑波サーキットは練習に適したコースのサイズとレイアウトということもあって、会員仲間はみんな速攻で上手くなって行きますね。主には、お金持ち順だけども(笑)
サーキットはお金がかかるスポーツだけど、なるべく余計な出費をしないように見守ってくれて、時に制してくれる先生や仲間という存在がありがたいですね。

今のD;REXはたまたまYZF-R1がブームのようにたくさんいますが、元々はDUCATIのレーサーがたくさんいました。今は、R1、DUCATI様々、YZF-R25が多いです。会員が集まって、耐久レースに参戦したり、シンプルに、とても楽しいです。

ちょっと気になっちゃった方は、WEBをご覧ください。
http://drex-cls.com



普段はタイヤ交換とか、整備は全部お任せですが、ユーチューバーを始めたきっかけで、自分でやってみたいとお願いして、場所や設備を貸してもらってます。

そんな動画をアップしています、REIがお送りしました。

コメント

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。