新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

写真を撮っておくといいことがある


こんにちは、REIです。

写真を撮られるのも好きだし、撮るのも大好きです。写真という形に残すことで、後々に見返すのが楽しいですよね。初めて買ったバイクの写真が残ってなくて、だんだんと初バイクの思い出が消えていくのを寂しく思います。

これはYZF-R25です。もて耐というレースに出るために、レギュレーションの都合があってヘッドライトをつけなくちゃならなくなりました。せっかくレーサーにしたのに、軽くなったのに、重りを積むようでちょっと悩ましいカスタムでした。

ベース車50万円に、100万円くらいかかったバイクということもあって、とてもいい仕上がりです。


これは完全ノーマルのYZF-R6です。実はこれより、仕上がったR25の方が楽しいです。思い通りに攻められるバイクとの一体感を味わってしまうと、どんなバイクでも自分好みに育てたくなります。


そしてこれがYZF-R1Mを買ったばかりの頃の写真です。まだまだ全然体を預けられていないですね。探り探り、疑いながら乗っています。それでも、1000ccの速さで「ヒーッ」ってなりながら振り回される歓びは、600ccにはない贅沢な快感です。


一眼レフの単焦点レンズはたまらんですね!団子が思い出よりも美味しそうに見えます。最近、CASIO EX-ZR4100というコンデジが仲間入りしましたが、こういう自然で美しいボケは出ませんので、やはり贅沢言えばバイクに乗るときでも一眼レフを持ち歩きたいですね。


最後に、また懐かしい写真を発掘しました。アフリカツインで北海道4daysラリーに参加したとき、巨大なバイクで慣れないダート路面を走るのが怖すぎて、気を大きくしたくて金髪にしてみました。

ちょっとだけ気が強くなったような感じはボンヤリありますが、結果、アフリカツインが乗りやすすぎて、あんまり意味はなかったですね(笑)

この写真を見てふと思ったのですが、オーディションのために髪を切ってくれと事務所に言われ、伸ばしていた髪をバッサリとこれくらいまで切ったものの、その役割はもう終わったので髪を伸ばすつもりでしたが、また金髪にしてもいいですね。

YouTubeをやっているのは、将来、うちの子がパパの姿を見られるように、我が家の様子を動画で見返すことができるように、という意味もありまして、パパの貴重な金髪姿を見せてあげたい気もします。

ママは出張でお出掛け中ですので、帰ってきたら相談してみようかな。

我が家は、パパもママも、バイクタレントみたいな仕事をしているので、二人とも出張が多いです。そして家にはヘルメットが20個くらい転がっています。不思議な家庭だけど、うちの子は将来なんて思うのでしょうね。

親の若い頃の写真や動画はきっと面白いと思うので、これからもYouTubeやBloggerにたくさんの素材を残していこうと思います。

以上、REIがお送りしました。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告