新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

最後のヘルメット


こんな動画をアップする見込みです、REIです。

ニッキー・ヘイデンの最後のレプリカですから、これは悩む暇がありません。ニッキーファンとしては即GOです。


これがアライでラッキーでした。プロテクションで選ぶと、選択肢はアライしかありません。取材してきて、自分で見て触って聞いたことを総合すると、他が競合にはなり得ないので、好きなライダーがアライユーザーで幸運だったと思います。

稀に装具関係やパーツ関係で年間契約やサポートの打診をいただきますが、いいものであれば嬉しいですが、そうでないもので命を削るリスクを背負うのに見合う金額の提示って現実はあまりありません。

日々、怪しいバイク用品のレビュー依頼もたくさんいただきますが、お取引したことのない、関係性のない業者はお断りしています。

うちの子どもをいい学校に送ってあげられるかどうかの瀬戸際でしたら、魂を売る可能性はありますね(笑)ただ、その時はライダーを辞める時ですね。命を使わない遊びを探します。

だけど、バイクに代わる遊びって、ないんですよね。いつまで乗れるか分からないので、乗れるうちに楽しく乗りたいです。

REIでした。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告