英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

排気量差400cc、価格差10万円。
こう考えると確かに悩ましい二台ですね、比較をして来ました、REIです。

600ccフラットプレーンと1000ccクロスプレーンでは、低速域での咄嗟の反応を比べると、排気量差400cc以上の、さらに二倍以上の差があるのではと思ってしまうくらい、大差です。KTM 690系の単気筒のダッシュ力を考えると、4気筒でも近しいくらい初速をガツンと出せるクロスプレーンの優位性が目立ちます。
時速30km/hからちょっと加速したい時、そこで違いがありますね。排気量の差というよりも、フラットプレーンとクロスプレーンの違いが大きいです。

そんなわけで、MT-10の方が大きくて重たいのに、小さくて軽いYZF-R6より、街乗りでスイスイとグイグイと動いてくれます。さらに言うと、YZF-R1ベースのMT-10は走るごとに車体が小さく圧縮されていくフィールで、YZF-R6も圧縮方向だけど、そこまで小さくなりません。ここは時代の差なのかなと思います。

スーパースポーツとネイキッドのスタリングの違いは一目瞭然、排気量差も大きい、エンジンのキャラクターも全然違う、両方を知る身としてはライバルになり得ない二台なのですが、価格差10万円ですから、比べられますよね。

MT-10にYZF-R6を買い足したいという方からコメントを頂いて、素敵なバイクライフになりそうだなーと羨ましい限りです。

違いすぎる二台なので、片方でもう一方を補うことはできません。うまい棒とガリガリ君のどっちがいいですか?というような質問に似ています。

説明が難しい、表現でとても悩んだのですが、この二台の比較動画を撮影して来ました。延々と20分くらい喋って、落とし所が見つからないまま締めちゃいました。この二台で真剣に悩んでいらっしゃる方のお役に立てればと思います。


一方その頃、愛車R1Mはショップに預けています。信頼するプロに任せて、本来の姿に近づけていきます。


マフラー探しの旅をコツコツ進めていますが、品質で選ぶと選択肢は急に減ります。サイレンサーは何箇所かチェックしたいポイントがあって、そこを見るだけでコストカットの産物なのか、パフォーマンスを追求したものなのか、すぐに分かります。

どれだけ高性能でも、僕のお小遣いで届くのかどうかという大前提があるので、そういう意味では、車体の価格差10万円というのも、いざ買う方の立場になると、大きな問題なのだろうと気付きがあった次第。

バイクはお金がかかるスポーツですが、楽しいのでやめられません!

REIでした。

コメント

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。