新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

排気量差400cc、価格差10万円。
こう考えると確かに悩ましい二台ですね、比較をして来ました、REIです。

600ccフラットプレーンと1000ccクロスプレーンでは、低速域での咄嗟の反応を比べると、排気量差400cc以上の、さらに二倍以上の差があるのではと思ってしまうくらい、大差です。KTM 690系の単気筒のダッシュ力を考えると、4気筒でも近しいくらい初速をガツンと出せるクロスプレーンの優位性が目立ちます。
時速30km/hからちょっと加速したい時、そこで違いがありますね。排気量の差というよりも、フラットプレーンとクロスプレーンの違いが大きいです。

そんなわけで、MT-10の方が大きくて重たいのに、小さくて軽いYZF-R6より、街乗りでスイスイとグイグイと動いてくれます。さらに言うと、YZF-R1ベースのMT-10は走るごとに車体が小さく圧縮されていくフィールで、YZF-R6も圧縮方向だけど、そこまで小さくなりません。ここは時代の差なのかなと思います。

スーパースポーツとネイキッドのスタリングの違いは一目瞭然、排気量差も大きい、エンジンのキャラクターも全然違う、両方を知る身としてはライバルになり得ない二台なのですが、価格差10万円ですから、比べられますよね。

MT-10にYZF-R6を買い足したいという方からコメントを頂いて、素敵なバイクライフになりそうだなーと羨ましい限りです。

違いすぎる二台なので、片方でもう一方を補うことはできません。うまい棒とガリガリ君のどっちがいいですか?というような質問に似ています。

説明が難しい、表現でとても悩んだのですが、この二台の比較動画を撮影して来ました。延々と20分くらい喋って、落とし所が見つからないまま締めちゃいました。この二台で真剣に悩んでいらっしゃる方のお役に立てればと思います。


一方その頃、愛車R1Mはショップに預けています。信頼するプロに任せて、本来の姿に近づけていきます。


マフラー探しの旅をコツコツ進めていますが、品質で選ぶと選択肢は急に減ります。サイレンサーは何箇所かチェックしたいポイントがあって、そこを見るだけでコストカットの産物なのか、パフォーマンスを追求したものなのか、すぐに分かります。

どれだけ高性能でも、僕のお小遣いで届くのかどうかという大前提があるので、そういう意味では、車体の価格差10万円というのも、いざ買う方の立場になると、大きな問題なのだろうと気付きがあった次第。

バイクはお金がかかるスポーツですが、楽しいのでやめられません!

REIでした。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告