新しいサイトを作りました、今度こそ…笑

イメージ
みなさん、こんにちはREIです。

「毎日ブログを更新しようかと思う!って思ってる!」ってブログを書いて、しばらくコツコツしてました。何をコツコツしてたかと言いますと、、、


新しいサイトを作りました!

それがこちら↓

https://reifukuchi.com

SSL対応しました!


で、ちょっとだけ記事を書き貯めていました。


これまでアメブロの芸能人ブログをやって10年、確かにいいサービスでした。スパムコメントは中の人たちが検閲して削除してくれるし、この時代に合った仕組みでしたね。

ただ、いくら更新してもギャラがもらえないのが、正直さっぱりテンションが上がりませんね。結婚報告をブログでしたときは、Yahoo!ニュースとかに取り上げられて、いやいやそこじゃないんだよ…と思ったものですが、拡散性についても、アメブロじゃなくちゃというような理由は見当たりません。駆け出しの頃に、芸能人という響きにとらわれていたんだと思います、そんな頃も今となってはドリーマーにありがちなアオハル。


あと、デザインの自由度が低いという理由で、このBloggerを開設しましたが、もっと自由に作りたくて、久しぶりにWordPressを使いました。

自分でドメインを取って、サーバーを借りて、WordPressのテーマをいじって、懐かしかったです。実は、何度か挑戦して、何度も飽きちゃってやめちゃってたことなんです。


ところが、今は本当に面白いツールやサービスが充実しているおかげで、楽しく続けられそうです。

Google AdSenseのおかげで、ブログから直接収益を上げられるんです。仮にアメブロ10年分のアクセス数を現金化できていたらと想像するとクラっとしますよね。生々しい話ですが、僕はこういうことでご飯を食べてますので、タレントはアウトプットをどれだけマネタイズできるかがとても重要です。

僕の大好きなテレビ番組『旅猿』で東野幸治さんがおっしゃってました、「芸人がヨイショ言うのはタダちゃうねんで」と。


僕のノウハウを無料で公開する、それが誰かに読んでもらえる。その誰かの数に準じた広告料が僕に支払われるという仕組みで、これはYouTubeと同じですね。


好きに喋る、ということを仕事にできたように、好きに書く、ということも仕事にできたら。


好きなことだけを好きに訴求する、なんですかこの夢のようなPR業は…

排気量差400cc、価格差10万円。
こう考えると確かに悩ましい二台ですね、比較をして来ました、REIです。

600ccフラットプレーンと1000ccクロスプレーンでは、低速域での咄嗟の反応を比べると、排気量差400cc以上の、さらに二倍以上の差があるのではと思ってしまうくらい、大差です。KTM 690系の単気筒のダッシュ力を考えると、4気筒でも近しいくらい初速をガツンと出せるクロスプレーンの優位性が目立ちます。
時速30km/hからちょっと加速したい時、そこで違いがありますね。排気量の差というよりも、フラットプレーンとクロスプレーンの違いが大きいです。

そんなわけで、MT-10の方が大きくて重たいのに、小さくて軽いYZF-R6より、街乗りでスイスイとグイグイと動いてくれます。さらに言うと、YZF-R1ベースのMT-10は走るごとに車体が小さく圧縮されていくフィールで、YZF-R6も圧縮方向だけど、そこまで小さくなりません。ここは時代の差なのかなと思います。

スーパースポーツとネイキッドのスタリングの違いは一目瞭然、排気量差も大きい、エンジンのキャラクターも全然違う、両方を知る身としてはライバルになり得ない二台なのですが、価格差10万円ですから、比べられますよね。

MT-10にYZF-R6を買い足したいという方からコメントを頂いて、素敵なバイクライフになりそうだなーと羨ましい限りです。

違いすぎる二台なので、片方でもう一方を補うことはできません。うまい棒とガリガリ君のどっちがいいですか?というような質問に似ています。

説明が難しい、表現でとても悩んだのですが、この二台の比較動画を撮影して来ました。延々と20分くらい喋って、落とし所が見つからないまま締めちゃいました。この二台で真剣に悩んでいらっしゃる方のお役に立てればと思います。


一方その頃、愛車R1Mはショップに預けています。信頼するプロに任せて、本来の姿に近づけていきます。


マフラー探しの旅をコツコツ進めていますが、品質で選ぶと選択肢は急に減ります。サイレンサーは何箇所かチェックしたいポイントがあって、そこを見るだけでコストカットの産物なのか、パフォーマンスを追求したものなのか、すぐに分かります。

どれだけ高性能でも、僕のお小遣いで届くのかどうかという大前提があるので、そういう意味では、車体の価格差10万円というのも、いざ買う方の立場になると、大きな問題なのだろうと気付きがあった次第。

バイクはお金がかかるスポーツですが、楽しいのでやめられません!

REIでした。

コメント

このブログの人気の投稿

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

二ヶ月ぶりの近況報告

アフリカツインのブログを書いてた件