新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

愛車のYZF-R1Mをいじってきました、REIです。


REIVLOGでお届けする前に、REIBLOGで先に少々。

サーキットを溝付きで走るときは、DUNLOPのD212GP PROというタイヤを愛用しています。様々な履く中で、一番好きになったのがこのタイヤです。

最近では、街乗りをするときには同じくDUNLOPのα-14を履いていました。

ツインリンクもてぎを、α-14で走ってみたところ、さすがにD212GP PROやスリックを知っているだけに心許なさはありますが、普段は街乗りで月一走行会というペースの方であれば、とてもいいタイヤだと思います。

ダンロップらしいコシがあって、普段乗りでとても扱いやすいタイヤです。熱を入れるためにさほど気を使うこともなくて、パッと気持ちよく乗り出せるところがいいですね。

僕が会員になっている、筑波サーキット側にあるD;REXというショップでタイヤ交換作業をさせてもらってきました。

「自宅で自分でタイヤ交換がしたい」というシリーズの動画をお届けしていまして、普段はメカさんにお任せか、自分で交換するときはタイヤチェンジャーを使っています。自宅にチェンジャーを置くことができれば本当に楽できるのですが、さすがに妻になんて言ったらいいかわからないので、手組みをすることにしましたよね。

R1Mのタイヤをα-14からD212GP PROに履き替えて、サーキットの準備を整えました。あとは精神的に一番の足かせになっている、M純正のカーボンカウルをどうするかですね!早くレースカウルにしてスッキリと走りたいです。

後日、もてぎの走行動画をアップします。僕が走ったのは、ライディングクラブというツインリンクもてぎ主催の走行会で、周りの方と同じペースで2分20秒で周回してきました。

実はブレーキにトラブルを抱えていまして、極端にレバーが安定しなくて、この日もちょっとペースを上げてみると、ブレーキが1周もたず、僕のスキルとストリートタイヤで安全にラップできるのがそれくらいでしたので、参加者の方の様子を見つつ、楽しく走ってきました。

ナンバー付きの600ccで一桁秒だったので、1000ccも排気量があれば一桁秒前半くらいから始められそうなのですが、高価なカーボンカウルでは+20秒くらいのビビリようです。

考えてみると、広報車や借り物のバイクでたくさん走っているもてぎですが、自分の1000ccでは一回もちゃんと走ってない!

タイム出るのかな…。

そんな悶々と払拭するために、レースカウルの準備を始めました。マフラーはどこのものをつけようかまた悩んでいます。毎日が遠足の前日のようで楽しいけども、なかなか遠足当日がやってきませんね!

パーツが揃わないR1Mはさておき、仕上がってるYZF-R25で走る方がいいかも。D;REXに預けっぱなしのR25もそろそろ準備しなくちゃ!

スリックは先行して準備しておいたけど、車体の準備がまだまだ、REIがお送りしました。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告