新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

象徴的に赤いVespaに乗ってみて


近頃、スクーターの試乗にハマってます、REIです。
今はVespa SPRINT150をお借りしています。オードリー・ヘップバーンを後ろに乗せられるスクーターというイメージで、僕のオードリーはどこ?と思って、オードリーありきのスクーターだと思ってました。

果たして、おっさんが一人で乗っていいのか。二子玉とか横浜界隈以外を走っていいのか。いいんだよ、そんなの!どこでもシーンをオシャレにしちゃうスクーターなんだから!


ところが、ぷちトラブルが発生。急に出先でエンジンがかからなくなりました。押して帰ってきて、すぐに復旧しましたが、借り物だと焦りますよね。壊したのかー!弁償なのかー!買取なのかー!って。

キーロック解除状態で、このボタンを押すと、シートがパカッと開いてシートトランクにアクセスできます。ところが、このボタンが完全無視を決め込むんですね。

「お前、本当はオシャレじゃないだろ」

いや、そうなんですけど、高級ライディングウェア以外は、ファストファッションしか来てませんよ。お気に入りのTシャツはユニクロのVネックの無地Tですよ。

そんなことはさておき、どうやってシート下のカバンやお財布を出そうかなと。多分、バッテリー上がりだと思って、電気的にシートを開ける機構が使えなくなったときに、本当にシートが開かないなんてことはないだろうと思って、中にUSBソケットがあるボタン下の収納を開けてみると、ありましたよ、フックのような取っ手がひっそりと。それを引くとワイヤー式なんでしょうね、シートがパカっ。


でね、後日です。

バッテリーがどこにあるのか、多分足元だろうと蓋を開けてみました。トルクスたった4本をスイスイと外すだけ。


こんなの入ってました。

バッテリー充電器にかけて、復活しました。なんでバッテリー上がったんだろう???広報車でそんなに動いてなさそうで、ただ単に弱ってたのかなぁ。

いろんなシチュエーションで試してまして、すんごい良いです。もちろん国産の月の数百台売れてるPCXやマジェスティのような主力モデルには及ばない、機械としての基本性能には劣るところはありますが、それを簡単に補えるだけの素晴らしい特性があります。

それがスチールモノコック構造なんです。フレームがありません、カウルが、ボディがフレームの役割を果たしています。これがめっちゃくちゃ素晴らしいんです。単純に乗り心地がいいんですね。

仕事先に出かけるときに、現場に着いてちょっと腰が疲れてしまうのが国産スクーターです。首が弱い僕は、腰・背中・首には疲れを残したくないんだけど、小さな段差でもショックを体に伝えてくるちょっと心許ないサスペンション・フレームは、残念だなぁ、惜しいなぁ、と思ってました。

じゃあ急いで到着してやろうと、飛ばせばしっかり速いのが国産スクーターのいいところですが、そこでフロント二輪のトリシティ155をマイベストスクーターに勝手に認定してましたが、ちょっと順位が入れ替わりそうです。

ベスパは疲れない!!衝撃が体に伝わってこない、バイク側が吸収して処理してくれてる!

これは感激しました。スクーターに乗り心地という概念があったとは。

ということで、ベスパで仕事に行って来ます。打ち合わせとオーディションだけで本番ではないですが、移動中でもREIVLOGを撮れるのが楽しいです。

仕事のことより、道中の撮れ高を考えているREIがお送りしました。

コメント

  1. スクーターに乗り心地求めたこと無かったですね💦

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告