英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

象徴的に赤いVespaに乗ってみて


近頃、スクーターの試乗にハマってます、REIです。
今はVespa SPRINT150をお借りしています。オードリー・ヘップバーンを後ろに乗せられるスクーターというイメージで、僕のオードリーはどこ?と思って、オードリーありきのスクーターだと思ってました。

果たして、おっさんが一人で乗っていいのか。二子玉とか横浜界隈以外を走っていいのか。いいんだよ、そんなの!どこでもシーンをオシャレにしちゃうスクーターなんだから!


ところが、ぷちトラブルが発生。急に出先でエンジンがかからなくなりました。押して帰ってきて、すぐに復旧しましたが、借り物だと焦りますよね。壊したのかー!弁償なのかー!買取なのかー!って。

キーロック解除状態で、このボタンを押すと、シートがパカッと開いてシートトランクにアクセスできます。ところが、このボタンが完全無視を決め込むんですね。

「お前、本当はオシャレじゃないだろ」

いや、そうなんですけど、高級ライディングウェア以外は、ファストファッションしか来てませんよ。お気に入りのTシャツはユニクロのVネックの無地Tですよ。

そんなことはさておき、どうやってシート下のカバンやお財布を出そうかなと。多分、バッテリー上がりだと思って、電気的にシートを開ける機構が使えなくなったときに、本当にシートが開かないなんてことはないだろうと思って、中にUSBソケットがあるボタン下の収納を開けてみると、ありましたよ、フックのような取っ手がひっそりと。それを引くとワイヤー式なんでしょうね、シートがパカっ。


でね、後日です。

バッテリーがどこにあるのか、多分足元だろうと蓋を開けてみました。トルクスたった4本をスイスイと外すだけ。


こんなの入ってました。

バッテリー充電器にかけて、復活しました。なんでバッテリー上がったんだろう???広報車でそんなに動いてなさそうで、ただ単に弱ってたのかなぁ。

いろんなシチュエーションで試してまして、すんごい良いです。もちろん国産の月の数百台売れてるPCXやマジェスティのような主力モデルには及ばない、機械としての基本性能には劣るところはありますが、それを簡単に補えるだけの素晴らしい特性があります。

それがスチールモノコック構造なんです。フレームがありません、カウルが、ボディがフレームの役割を果たしています。これがめっちゃくちゃ素晴らしいんです。単純に乗り心地がいいんですね。

仕事先に出かけるときに、現場に着いてちょっと腰が疲れてしまうのが国産スクーターです。首が弱い僕は、腰・背中・首には疲れを残したくないんだけど、小さな段差でもショックを体に伝えてくるちょっと心許ないサスペンション・フレームは、残念だなぁ、惜しいなぁ、と思ってました。

じゃあ急いで到着してやろうと、飛ばせばしっかり速いのが国産スクーターのいいところですが、そこでフロント二輪のトリシティ155をマイベストスクーターに勝手に認定してましたが、ちょっと順位が入れ替わりそうです。

ベスパは疲れない!!衝撃が体に伝わってこない、バイク側が吸収して処理してくれてる!

これは感激しました。スクーターに乗り心地という概念があったとは。

ということで、ベスパで仕事に行って来ます。打ち合わせとオーディションだけで本番ではないですが、移動中でもREIVLOGを撮れるのが楽しいです。

仕事のことより、道中の撮れ高を考えているREIがお送りしました。

コメント

  1. スクーターに乗り心地求めたこと無かったですね💦

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。