英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

CASIOの新作、EX-ZR4100を速攻テスト!


こんにちは、REIです。
このセルフィーは、新しいカメラで撮っています。


CASIO EX-ZR4100、です!
http://amzn.to/2wGElFW

質感がいいですね、てっきりインスタグラマーとかコスメやビューティ系の女性用カメラだと思っていたのですが、だいぶ男臭い雰囲気もあるではないですか。


このカメラの価値は、「広角19mmレンズ」「自撮りのしやすさ」「フルオートで任せられる」「オートフォーカスの速さ」と、僕が思うカシオの「やりすぎ感のない、現実的な」色味です。

iPhoneに慣れていると、一見地味な写真に見えますが、これが肉眼に近い本当の色と、わずかに光を受けてほんの少しだけ見やすくしてくれています。

露出は一段絞っておこうかなと多いますが、設定を一切いじらずにパッと撮って、それをネット上で使うには丁度いい感触。


曇りの割に明るく撮れちゃってる感はありますが、タイヤのゴムの発色もリアル。記録写真として、日々の変遷を残しておくにはこの色がいいです。

作品を撮りたいわけじゃないんです、ポケットからササッと取り出せて、毎日持ち歩く気になれるサイズを含めた気軽さを求めていたんです。


2017年8月25日に発売して、すぐ届いて、すぐに使ってみました。


REIVLOGでユーチューバー自撮りカメラとしてもテスト、満足な使いやすさです!

この先でとても助けになりそうなのが、画素数が抑え気味なところ。写真一枚あたりのファイルサイズがどんどん肥大化していくと、パソコン側の負担が大きくなってしまうので、「iPhone以上、一眼レフ未満」の手の内におさまるカメラが欲しかった僕には最適な一台となりました。

この小ささのおかげで、一眼レフを持ち出さなくてもこなせるシチュエーションが一気に増えるでしょうね。ありがたい!

文句をつけるならば、FHD(1920x1080 30fps)ってところですね。60コマでヌメヌメに撮らせて欲しかった。4Kはまだいいかな。

とは言え、α7S Ⅱとかは別腹で欲しいです、REIがお送りしました。


ZR4100を使った動画はこちら。


コメント

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。