新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

CASIO EX-FR100ってカメラがあると一人旅が捗る件


こんにちは、ブログが一日空いちゃいました、REIです。
昨日このBloggerの設定をいじくっていて、致命的なミスをして色々とやらかしそうになりました。それで戦意喪失してしまいました(笑)

さてさて、恒例の長い前置きから始まります。

高校と大学の頃に女性ファッション誌の読者モデルをやって、それでお仕事としてのファッションモデルに興味が湧いて、なんとなく所属してみたモデル事務所に、かれこれ10年以上います。ウォーキングレッスンに通って、ポージングレッスンに通って、色々な勉強をさせてもらいましたが、お仕事の浮き沈みが大きくて、てんでダメな時はひたすらアルバイト生活でした。

僕が中学生くらいの時にWindows95が発売されて、パーソナルコンピュータというものが家庭にも届くようになって、当時ダイヤルアップでインターネットをしていたのですが、感激しましたね。図書館に行かなくても、自分の足で動かなくても、手を伸ばせば情報が手に入るんですからね!

社会科の授業で、レポートを作らなくちゃならない課題があって、マルチメディアというキーワードや、インターネットの可能性についての論文をたくさん作った記憶があります。新しもの好きで、知りたがりの僕には、奇跡のおもちゃだったみたいです。

そんなわけで、モデルのお仕事がしょっぱい時には、パソコンやインターネットにまつわるアルバイトをたくさんしました。僕と同じように駆け出しの俳優やモデルの仲間たちは、オシャレなセレクトショップやカフェでアルバイトをしていましたが、機械や技術に興味があった僕は、ネットワークエンジニアの道を選びました。

もうそういった知識はすっぽりと抜け落ちてしまいましたが、今でも新しいガジェットに触れると興奮します。データセンターに萌えるのは今でも変わりません(笑)

そんな僕が、いま一番楽しいのが、CASIO EX-FR100というカメラです。


これはiPhone7のインカメラで自撮りした写真です。


これはEX-FR100のカメラ部分を地面に置いて、手元のコントローラーでシャッターを切っているところです。iPhoneでも地面に置いて、インカメラにしておけばなんとなくの構図は確認できますが、こうしてカメラ機能とモニター機能を切り離して使えるのが楽しいです。

下から煽ることで、なんてことない景色をダイナミックにできたり、写真を撮るという行為自体が、「記録」から「遊び」に変わる気がします。


おっさんなので自分のアップはあまりいらないんですけど(笑)、自分が訪れた風景の中に自分がいる姿は残しておきたいなと思いました。

とはいえ、いつもそばにあって、ポケットからすぐに出てくるカメラとしては、iPhoneにダントツの優位性があるわけだけど、写真フォルダを見てみると、自分がいない…。自撮りをすると、どうしても顔が大きく写ってしまって、風景が入りません。


EX-FR100がいてくれると、あたかも第三者や、フォトグラファーがシャッターを切ってくれているように、風景に、景色に溶け込むことができます。

Instagramで #exfr100 や #fr100 と探してみると、これが女性に人気のカメラとよくわかります。彼女らはもっとカメラに近づいていて、自分の表情やファッションを綺麗に撮るのだけれど、ここでいよいよ広角レンズが火を吹きますね。

上の僕の写真は、PCからであれば、クリックすると見やすいサイズに拡大できます。キャプテン翼みたいな、長〜い10何頭身みたいなスタイルになってませんか?

身長183cmとはいえ、そんなにすごいスタイルではありません。このカメラは、スタイルを良くしてくれちゃうってオマケ性能もあるんですね。

ファッション系インスタグラマーに愛されるカメラだけど、バイク乗りにも便利でしょ?自分と愛車と海、とか、自分と愛車と空、とか3つ全部を撮れますからね!

いつも一緒に出掛けられる仲間が多い方は、きっと誰かが撮ってくれますが、僕は一人で走るのが好きなので、どこに行ってもお一人様です。

お一人様上手をますます上手にしてくれるカメラの話をお送りしました、REIでした。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告