新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

カメラとトラクションコントロールって一緒


ガジェット大好き、REIです。

僕はスマートウォッチについては、当初はちょっと冷ややかな目で静観して、候補に挙がっていたのはApple Watchの一択で、競合製品はリサーチもせず完全にスルーを決め込んでました。

iPhoneと連動させてこそ威力を発揮するものなので、「ここがいいけど、これが使えない」となった時に、得るものより失うものの方が怖かったんですね。使えない機能があると、使わなくても不便に思ってしまいそうだし、使える機能で僕のニーズにないものは使わないだけであって困るものではないので、こういう新しいものはどこで感動してどこで後悔するか予想がつかないだけに、スマホと同じメーカーのスマートウォッチが安全、と判断したわけです。

結果、大正解でした。どういう時に便利なんだろうかって、そんなに考えずに、物は試しくらいの気持ちで導入して、生活のあらゆる場面で便利さがちょっとずつ光ってくれて、今となってはもうないとそこら中でため息が出てしまうくらい、常に使うものとなりました。もうすぐ新型が発表されるとかで、願わくば、発表に気付かず、知らずにいたいものです…。知っちゃうと止まらなくなりますからね!

さて、タイトルの「カメラとトラクションコントロール」についてです。

今リアルに欲しい、SONYのミラーレス一眼に絞って考えてみます。なぜミラーレスを選ぶのかはまた今度。

α9、α7S Ⅱ、α7R Ⅱ、α7 Ⅱ。
名前が強烈に紛らわしいです(笑)

これ欲しいです。
ですが、秒間20コマの連写性能は最高だけど、確かに究極だけど、サーキットで流し撮りするにもそんなになくても撮れているので、マストではないです。


これも欲しいです。
暗いシチュエーションでもしっかり撮れる、バイクと夜景撮影もしやすそう。写真全体で雰囲気を伝えるには素晴らしいと思います。


これも欲しいのですが…。
4240万画素のおかげで最後の一粒のピクセルまで生きそうなのはわかるけども、写真一枚あたりのデータサイズが大きすぎて、写真をストレージしておくことに苦労しそうなのと、レタッチをするPC側のスペックが問われそうなので、追加コストを心配してしまいますね。


ここでグンと値段が下がります。これよりも下位のモデルは候補には入っていません。4Kかどうかは気にしなくても、5軸のボディ内手ブレ補正がないと今手持ちの一眼レフから前に進むほどの魅力は感じません。同じ費用でレンズを買い足して物欲を一旦鎮める作戦も出てきますからね。

こんな4機種のレビュー動画を漁る日々を送る中で、財布は分厚くならないのに、気だけ大きくなってきました。

「せっかくこの4機種で悩むなら、α7よりα7S Ⅱなんじゃないか!?」

遠足の前日が楽しいように、こんなことを考えてる時間が一番楽しいですね!


でですよ、みなさんトラクションコントロールって使ってますか?
一般道ではあまり使わないものだと、僕は考えています。

ところが、仕組みを理解して、一定のスキルがあれば、そのスキルに応じた良さは誰もが味わえるものになってきたのではと感じています。安全装備という観点ではなくて、楽しく走るための装備という観点でね。

上手くなればブレ補正がなくても手持ちでビタッと撮ることもできますし、上手くなればトラコンがなくても安全に速く走ることもできます。

だけど、そこに到るまでにする失敗が、かけがえのないものでもあるのはわかるけども、シャッターチャンスを逃してしまったり、ハイサイドしてしまったりって失敗が惜しい。

そんなわけで、ブレ補正とトラコンは似てるところがちょっとだけあるように思うのです。

IMUのおかげでトラコンが進歩して、本当に使えるものになりました。DUCATI 1199 Panigale Sに乗っていた時は、OFFにしていましたが、1299のは結構使えます。

YZF-R1(2015-)とGSX-R1000R(2017-)のは、がっちり使います。ありきの走りをします。

新しい世代のライダーは、カメラのブレ補正と同じように、意識せずに常用的に使うんじゃないでしょうかね。

二つの世代に挟まれてる気がする、REIでした。

カメラを買う時は、パソコンも一緒だな…。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告