英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

毎日の足にベスパって選択肢はどうかな?


昨日の19:00に、こんな動画をREIVLOGにアップしました、REIです。

Vespa、素晴らしいの一言です。


東京の下町にある、お煎餅屋さんを訪ねました。前からお店の前を通っていて気になっていたものの…。


こういう類のバイクだと、パッと停めて、サッとお買い物や食べ歩きをするかというと、走ることが楽しくて、バイクから降りることがあまりありません。

高いテールを跨ぐのもちょっと大変だったりします。その点では、スクーターの気軽さって本当に良いものですね。


ただし、このVespa SPRINT150は、フルフェイス型のヘルメットはシートトランクにはおさまりません。ジェット型に限られてしまいます。これがマジェスティSやトリシティだと余裕で入るのですが、ここら辺はボディのデザインがいいので、収納が少なくても許せてしまいます。


何と言っても、このフォントの可愛さですよ。全体のシルエットと合っていて、世界観に隙がありません。


そんな人生初ベスパに乗ってみたわけですが、安くはありません。

PCXやNMAXに20万円ほど足してあげなくちゃなりません。その価値があるかどうか。

僕は大いにあると、認められました。20万円を加えることで、かつてスクーターには一度たりとも感じたことがない、期待したこともない、「乗り心地の良さ」がありました。移動がとにかく楽で、腰や首に地面の段差から伝わる衝撃がないんです。

もっと軽快な動きをするスクーターはありますし、きっと燃費に優れるものも、他にたくさんありますが、ベスパのスチールモノコック構造ならではの衝撃吸収性に秀でた点では、ライバルは不在ではないでしょうか。

Vespa、もっと掘り下げたいですね。

高速道路に乗れるスクーターを探すシリーズで、何機種かレビューしてきましたが、そろそろ排気量を上げて、なんなら価格帯も上げて、「贅沢ゾーン」に入ってみてもいいんじゃないかなと思っちゃいました。


今回録ってきた、下町を”れい散歩”する動画はこちらです。





ベスパに魅了されてしまった、REIがお送りしました。

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。