新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

スタンドとの付き合い方


こんにちは、愛車と添い寝が好き、REIです。

トランポにバイクを積む生活は、30歳の時から始めて、五年目を迎えました。サーキットに通い始めたのが30歳の時で、最初の頃は毎週筑波サーキットに通っていました。

タイムが出ていない時はタイヤが減らないんですね、今はそんなしょっちゅうは走れませんので、レースにエントリーできただけで自分を褒めたい気分、そのレースウィークを乗り越えたらめっちゃレベルアップしますが、銀行口座は開設したてなのか?というくらい限りなく薄くなります。

サーキットはお金がかかる遊びですが、これ以上に集中してバイクに乗る術はまだ見つかっていないので、頻度は下がってしまっても濃密さでは満足しています。


そんな僕の薄めのサーキットライフを支えてくれているのが、日本のメーカー、J•TRIPのレーシングスタンドです。写真のものは、ショートローラースタンドに「耐久用Vプレート受け(2個)φ60【JT-R107W】」が付いた状態で使っています。

安全装備としてタイヤウォーマーを使いたくて、必要になったアイテムです。タイヤを温めているうちに転んだこともあって、初心者のうちは誰にでも起こり得る失敗談ではないですかね。

僕は峠が苦手、速いバイクが煽ってくるし、対向車はラインを割ってくるし、景色が観たいのに他のバイクと会うとなんだか緊張するし、今でもワインディングは避けます。僕は自分のペースでゆっくり走りたいんです。なので、夜中に一人で走ることも多いです。

ちなみに、お山のクネクネ道では怖くて最大バンク角5°みたいなものですが、YZF-R1MのCCU曰く、サーキットでは45°だそうです。レーシングスピードに近づけばもう10°くらい傾きそうです。いよいよバックステップが欲しいです!

自分自身とメカニックさんと口プロレスするときに、データロガーは便利です、嘘がつけませんからね(笑)45°で走ってる限りは、まだいらないよ、と言われてしまいます。


サーキットでは肘を擦るけど、街ではつま先すら擦りません。メリハリです。だけどいまだにUターンが下手です。練習しないことは上手くなりませんね!

僕が走りたいときに走りたい走りをさせてくれるのは、素晴らしいタイヤがあって、そのタイヤを温めてくれるタイヤウォーマーがあって、タイヤウォーマーを巻かせてくれるスタンドがあってのことです。

ということで、スタンドの種類と使い方を動画にまとめてみました。


箱の中は暑かったです。

壊れてませんよ、REIをお送りしました。

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告