新しいサイトを作りました、今度こそ…笑

イメージ
みなさん、こんにちはREIです。

「毎日ブログを更新しようかと思う!って思ってる!」ってブログを書いて、しばらくコツコツしてました。何をコツコツしてたかと言いますと、、、


新しいサイトを作りました!

それがこちら↓

https://reifukuchi.com

SSL対応しました!


で、ちょっとだけ記事を書き貯めていました。


これまでアメブロの芸能人ブログをやって10年、確かにいいサービスでした。スパムコメントは中の人たちが検閲して削除してくれるし、この時代に合った仕組みでしたね。

ただ、いくら更新してもギャラがもらえないのが、正直さっぱりテンションが上がりませんね。結婚報告をブログでしたときは、Yahoo!ニュースとかに取り上げられて、いやいやそこじゃないんだよ…と思ったものですが、拡散性についても、アメブロじゃなくちゃというような理由は見当たりません。駆け出しの頃に、芸能人という響きにとらわれていたんだと思います、そんな頃も今となってはドリーマーにありがちなアオハル。


あと、デザインの自由度が低いという理由で、このBloggerを開設しましたが、もっと自由に作りたくて、久しぶりにWordPressを使いました。

自分でドメインを取って、サーバーを借りて、WordPressのテーマをいじって、懐かしかったです。実は、何度か挑戦して、何度も飽きちゃってやめちゃってたことなんです。


ところが、今は本当に面白いツールやサービスが充実しているおかげで、楽しく続けられそうです。

Google AdSenseのおかげで、ブログから直接収益を上げられるんです。仮にアメブロ10年分のアクセス数を現金化できていたらと想像するとクラっとしますよね。生々しい話ですが、僕はこういうことでご飯を食べてますので、タレントはアウトプットをどれだけマネタイズできるかがとても重要です。

僕の大好きなテレビ番組『旅猿』で東野幸治さんがおっしゃってました、「芸人がヨイショ言うのはタダちゃうねんで」と。


僕のノウハウを無料で公開する、それが誰かに読んでもらえる。その誰かの数に準じた広告料が僕に支払われるという仕組みで、これはYouTubeと同じですね。


好きに喋る、ということを仕事にできたように、好きに書く、ということも仕事にできたら。


好きなことだけを好きに訴求する、なんですかこの夢のようなPR業は…

スタンドとの付き合い方


こんにちは、愛車と添い寝が好き、REIです。

トランポにバイクを積む生活は、30歳の時から始めて、五年目を迎えました。サーキットに通い始めたのが30歳の時で、最初の頃は毎週筑波サーキットに通っていました。

タイムが出ていない時はタイヤが減らないんですね、今はそんなしょっちゅうは走れませんので、レースにエントリーできただけで自分を褒めたい気分、そのレースウィークを乗り越えたらめっちゃレベルアップしますが、銀行口座は開設したてなのか?というくらい限りなく薄くなります。

サーキットはお金がかかる遊びですが、これ以上に集中してバイクに乗る術はまだ見つかっていないので、頻度は下がってしまっても濃密さでは満足しています。


そんな僕の薄めのサーキットライフを支えてくれているのが、日本のメーカー、J•TRIPのレーシングスタンドです。写真のものは、ショートローラースタンドに「耐久用Vプレート受け(2個)φ60【JT-R107W】」が付いた状態で使っています。

安全装備としてタイヤウォーマーを使いたくて、必要になったアイテムです。タイヤを温めているうちに転んだこともあって、初心者のうちは誰にでも起こり得る失敗談ではないですかね。

僕は峠が苦手、速いバイクが煽ってくるし、対向車はラインを割ってくるし、景色が観たいのに他のバイクと会うとなんだか緊張するし、今でもワインディングは避けます。僕は自分のペースでゆっくり走りたいんです。なので、夜中に一人で走ることも多いです。

ちなみに、お山のクネクネ道では怖くて最大バンク角5°みたいなものですが、YZF-R1MのCCU曰く、サーキットでは45°だそうです。レーシングスピードに近づけばもう10°くらい傾きそうです。いよいよバックステップが欲しいです!

自分自身とメカニックさんと口プロレスするときに、データロガーは便利です、嘘がつけませんからね(笑)45°で走ってる限りは、まだいらないよ、と言われてしまいます。


サーキットでは肘を擦るけど、街ではつま先すら擦りません。メリハリです。だけどいまだにUターンが下手です。練習しないことは上手くなりませんね!

僕が走りたいときに走りたい走りをさせてくれるのは、素晴らしいタイヤがあって、そのタイヤを温めてくれるタイヤウォーマーがあって、タイヤウォーマーを巻かせてくれるスタンドがあってのことです。

ということで、スタンドの種類と使い方を動画にまとめてみました。


箱の中は暑かったです。

壊れてませんよ、REIをお送りしました。

コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

二ヶ月ぶりの近況報告

アフリカツインのブログを書いてた件