英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

今度はクシタニ熊谷店に行ってました


ボツカット。

仕上がりを見たら、似せたつもりが全然寄ってなかった。ナマズみたいなダクトを再現したかったんだけど、撮り直し。こういう時だけ、自分に厳しいタイプです。


はい、自分的にOKにしました、こんにちはREIです。

なんでこんなことをしているかと言いますと、カメラをテストしたくて、ちょいとお出掛けしてて、記念撮影って思い切ってどんどんやっておかないと、後々に「あの時に乗ってたバイクの写真がない!!」ってなっちゃうことありませんか?




三月頃にYouTube用に便利かなと思って買ったカメラがあります。なかなか面白く使いこなせなくて、しばらく試しては寝かせて、またシチュエーションを変えてみて、素材を撮りためてみて、試行錯誤して、なんて繰り返していたのですが、一回頭を空っぽにして楽しく使ってみようと思って、気楽に持ち出してみました。

こんな感じで、カメラ部分を地面に置いて、手元にあるモニターで画角を見ながら、リモートでシャッターがカシャッ。

そっかー、2017年の夏はYZF-R1のマットブラックで、こんな服を着て、こんなことをしてたんだなぁと、個人的に後で見返すことができる写真が撮れました。

ライダーが自分の思い出を残すには、最適なカメラと決めました、つい最近(笑)

それがCASIO EX-FR100です。


https://casio.jp/dc/products/ex_fr100/

一見、GoPro的なアクションカメラとしてゴリゴリに使い倒すものかと、そしてスチールカメラというよりはムービーカメラなんじゃないかなと先入観があって、それとYouTuberとして使うとどうしても動画素材が欲しくて、それで使い方に悩んでしまいました。

ちょっと写真を見てみましょう。レタッチせず、色の補正もなんもせず、そのまんまです。



こんなアウトドアで使い倒すオモチャ的なルックスなのに、しっかりパキッと撮れてますよね。写真クリックで拡大されます。モバイルだとあんまり変わりませんね(笑)


色味が、脚色されすぎるようなカメラが多い中で、かなり素直な発色ですね。iPhoneもかなり強いです、だいぶ最初からそれっぽい写真な感じで出てきます。

ナマズ口を真似てる写真二枚は、iPhone7で撮りました。自動でレタッチしてくれる純正の機能を使って、色を持ち上げてます。比較対象に向いた写真ではないですが、曇っていたのに緑色があたかも陽を浴びているかのように、ちょっと元気が出ちゃってますよね。

インスタグラム的な写真ばかりを残していると、その一瞬は良さげでも、あとで見るとリアリティに欠けているところがもったいないと思っていました。

このEX-FR100は、第三者目線で自分や、自分の身の回りを写真に残すことができて、しかも世界観が本当に目で見えている世界に近くて、自分記録を残すには本当に気に入りました。

前に乗ってたバイクの写真を見せてよ!なんて話題になっても、写真がない…なんてことがよくあります。何歳頃の写真はないの!?なんて聞かれても、仕事で撮ってもらったメイクやライティングがバリバリの写真を見ても、誰っ?って感じです。

これ、一個カバンに忍ばせておくといいですよ。ただし、僕はそれでもiPhoneと併用します。スマホを触ってる瞬間に、「あ、そうそう」ってノリで何か撮りたいことが多くて、どれだけコンデジや一眼レフの起動時間が早くなっても、すでに手に持っているスマホの機動力にはかないません。

究極のカメラは、スマホだと思います。利便性と普及率で考えると、これを超える、民生用のカメラは思いつきません。

だけど、SONYのα9という化け物ミラーレス一眼が欲しくて仕方ありません。そろそろロト6が当たる気がしているので、そしたらα9と、業務用のムービーカメラを買って、のんきに自撮りをしたいと思います。

すげーものを手にしても、僕の使い方は変わりません。宝の持ち腐れがなんだ、宝を腐らすこと、それが贅沢なんだと思う、REIがお送りしました。

この動画を撮っていて、思ったことはこんなことでした。


コメント

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

アフリカツインのブログを書いてた件

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。