新年あけましておめでとうございます!

イメージ
2018年になりました、今年もよろしくお願いします。

さて、YouTubeチャンネル「REIVLOG」のブログ版ということで作ったこの「REIVLOGのREIBLOG」ですが、三週間ぶりの更新となってしまいました。

その間に、日々の毎日更新動画に紛れて、実験的に2本の動画をアップしていました。


これと、


これなんですが、いきなりバイクレビューを始めるのではなくて、「どこが見たいですか?」、「なにが知りたいですか?」と呼びかけをして、沢山のコメントをいただくことができました。

それに回答する動画を作ったところ、60分もの長編になってしまいましたが、お正月休みの方も多いことですし、まいっかと、そのままアップしました。それが、1/2 19:00にアップされます。

どれだけ見てもらえるのか、コメントをくださった方に気付いてもらえるのかはわかりませんが、コメント欄で文章を書くより、お喋りでお届けした方が真意を伝えやすいし、何より僕は書くより話す方が楽しいので、やっていて面白かったです。

そして、MT-09のコメント返し動画を今作り終わったところです。長いです、また60分級です。見てもらえるのか、不安しかないです(笑)

YouTubeでのレビューをやるようになって思うことがいくつかあって、見せて話す、ということです。

バイク専門誌に限らず、書籍の販売数が著しく減って、廃刊になる雑誌が増えています。モータージャーナリストとしてのかつての活躍の場は雑誌でのインプレ原稿でしたが、本がないのでは、仕事もありませんし、メーカーがわざわざ試乗会を開催してくれても、伝えられる人が本の実売だけではもったいないと思って、REIVLOGを始めました。

新車のために一日を割いて試乗会に参加しても、与えられる文字数はわずか2000字くらいだったり。それでは、解説だけで終わってしまい、褒めるのも限度があるし、問題点の提示や改善の提案がしにくいです。

「褒めばっかりで、けなしがないから、つまらない」
これはよく聞くこと、言われることです。

タイアップなんだから、広告を出してるんだから、けなしたらもう仕事させないぞ?
なんて風潮があったんでしょうね。メーカーの人から、うちのバイクをけなしたからアイツはもう呼ばない、なんて直接聞いたこともあります。

僕なりに考えました。

文字数や時間、つまり尺に余裕があれ…

古い動画を見返しながら思うこと。


2017年の一月末からYouTubeを始めました、REIです。

アカウントを作ったのは、2016年の一月でした。実際に始めるまで一年かかっちゃいましたね。仕事で依頼があって、動画を撮影して編集して納品してという作業自体はやったことがあったのですが、あくまで仕事の依頼なので、ギャラがあってやっていたことで、プライベートでやるのは単純に億劫で、なかなか始められませんでした。

ところがいざ始めてみると、めっちゃ楽しいんですね!

まず、仕事じゃないので、「自由」ということです。自由だから、何をしてもいいんです。どれだけふざけてもいいんです。面白い動画を作ろうと心がけてはいますが、その中で、鼻毛が出ててもいいし、ふざけてもいいし、普段のタレントとして呼ばれる現場では必要とされない側面を、ある意味は本当の自分を出せるので、今では息抜きと遊びとして、僕のライフスタイルで欠くことのできない習慣にまでなりました。

八月現在、200本ほどの動画を作りました。

最初の頃は、編集の仕方そのものが不慣れで、編集ソフトの色々な機能を試してみようと、いろんなことをしてみました。

あと、仕事のために喋る練習がしたかったというのもあります。イベントの司会や、ショーのプレゼンター、番組のパーソナリティやナレーションなど、本当に様々なオファーをいただくのですが、根本的な喋る、話すという技術を学んだことはなくて、探り探り現場で試していてなんとかなっていたものの、サーキットをぐるぐる回るように、練習をしようと、子供の顔を見て決断できたというのもあります。

そんな練習の過程で作った動画ですが、頑張った割に全く再生数が伸びません(笑)すごく楽しかったのを覚えているのですが、そもそもこれを検索する人がいませんよね!

この記事の上に貼り付けてあるのが、前編です。

この下に、後編を貼っておきます。


伝えたいことを伝える。とても難しい技術です。誰もがやっていることですが、コミュニケーション能力なんて、能力って二文字を加えるくらいですから、専門職としてやっているプロフェッショナルの方々がいるわけです。

僕は今、モデル事務所の他に、ラジオDJやパーソナリティの事務所と、業務提携で二社と契約しています。そこで習ったことがあります。

「雑談力を身につけなさい」

雑談力ってなんだー!と思ったのですが、なんとなくわかってきた気がします。

僕のYouTubeチャンネルREIVLOGでは、製品のレビューもあれば、何も紹介しないただの雑談もありますが、台本は作らず、ワンテイクで思ったことをそのままお話ししています。作り込んでは練習になりませんからね。僕にオファーが来る仕事の類は、おおよそが現場で臨機応変に対応してください、みたいな、スクリプトのない仕事が多いんです。

このころの動画を見返してみると、今と変わってないところと、個人的には削ぎ落とせたものや、新しく効率良くできるようになったことが増えたように思います。

遊びながら勉強する、それがYouTubeのいいところかもしれません。

子供達がなりたい職業ランキングの上位に入るのは、ユーチューバーというお仕事。不思議な時代ですが、子供には本質は見えませんよね。正しくガイドしてあげることが必要なように感じます。ユーチューバーとして成功されている方々のどの面を見るかなのですが、MotoGPライダーに置き換えてみましょう。

僕らがテレビ中継で見るレース決勝の姿は、MotoGPライダーの生活のうちの1%にも満たない要素でしょう。そこに至るまでのキャリア形成があって、チームと契約に至って、テストやプラクティスがあって、その裏では個人のトレーニングや練習が同時平行であって、テレビに映る決勝の姿や、肘擦り写真は、あくまで人生の一瞬でしかありません。

その貴重で眩しい一瞬の姿を作るために、どれだけの背景や積み重ねがあるのか。そこにドラマがあるんですね。

マルク・マルケスってご存知ですか?彼の裏側をまるで知りませんでした。たまたま知る機会があって、それ以来、大ファンになりました。それまではさほど好きなアスリートではありませんでした。

これは今度YouTubeでお話ししますね。

さて、うちにも子供がいて、まだ赤ん坊ですが、いずれ言葉が通じるようになると、パパが自撮りをしていたり、やけにカメラに向かって喋っている姿を見ることになると思います。他に家に遊びに行くようになると気付くでしょうね。

「うちのパパ、おかしい」

あるいは、

「なんとかちゃんのパパはユーチューバーじゃないの?」

とかね。

さあ、福地家、どうなるのでしょうか。イロイロ楽しみなREIがお送りしました。

今日はわざわざ雨の中に走りに行きましたもん。素材が欲しくて。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleフォトって使ったことある?

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告