投稿

2017の投稿を表示しています

英語脳を回すマイシュガー(ハニー?)

イメージ
みなさんこんにちは、REIです。

数日間に渡って、がっちり英語を使う仕事をしておりました。
子供の頃にイギリスで育った分、
当時はブリティッシュ・イングリッシュを話すことができましたが、
大人になるまで使わなかったのでだいぶ忘れてしまいました。

僕の今の英語力を維持してくれているのは、仕事を除けば、
Amazon Primeとかhuluの映画や、
日頃調べ物をする時に観るYouTubeの英語コンテンツです。

耳は慣れますが、舌は喋らないと鈍ってしまいます。
子供に英語で話しかけてみますが、
赤ちゃん相手ではリアクションに期待できないのでイマイチです。


これは英語だとなんでしょう。GHOST HILLですか?
なんか静岡県をサイレントヒルと訳した例の名作のようですね。


これは三田〜高輪のあたりなんですが、いい駐車場を見つけました。
この界隈で、上限2200円設定は格安で、大抵空いていて、実に助かります。


これ余談ですが、キーの色を変えられるって知らなかった…。
いつかポルシェを手に入れたらやってみよう。


そうそう、コカ・コーラ クリアを飲んでみました。
クラシック党の僕には、ナシです。
サイダーのコーラ風味って感覚。

だけど、これの存在意義は面白いと思うんです。
コーラは嫌いだけど、炭酸飲料はアリって人。

コーラの味がダメならもうお手上げだけど、
毒々しいまでの砂糖の量が嫌だって人、少なくないですよね。

僕はコークが大好きなので砂糖の量は気にしませんが、
身体は代償を払うことになりますよね。

ゼロカロリーで、カラメルを使わずに甘さを再現して、
爽やかなレモン風味。
果汁たった1%だけど、確か柑橘の風味が色っぽい。

クラシックのマーケットを一切傷つけず、
クリアのマーケットを新しく生み出すことができれば、
ノンアルコールビールのマーケットみたいでいいかなと。

コカ・コーラ社に儲かってもらうのは、
コーク党には大事なことですからね。

しかも、発表によると、
夏の炭酸飲料市場は冬の1.5倍だそう。
日本企画で、アメリカ本社開発のクリア。

僕はもう飲まないけど、
クリアを飲んでくれる人たちのおかげで、
僕はこれからも美味しくクラシックを飲めるってことで。

いつか規制されちゃうんじゃないかな。
健康的な飲み物じゃあないですもんね。
そこに立ち向かう(かわす?)予算も必要かも…

また写真を入れ忘れちゃった、あるある。

イメージ
こんにちは、REIです。
また動画に写真を貼り付け忘れました。REIVLOGあるあるなので、これからもあるある。全然あるある。

YouTubeにアップロードした動画はもう触れないし、削除してアップし直すとコメント消えるし、同じのアップしてもなんだし、だし、ですし、ということで、ブログに写真を貼ればいいじゃんと発見しました。

(気づけよ)


はい、これ!

BabyFaceのYZF-R6/YZF-R1用のアクスルプロテクターです。
これの車体右側の作りに感動してる次第。
タイヤ交換、めっちゃ捗るやん。

稀に関西弁が出ますが、ぼく東京人です。母と妻が大阪人です、BabyFaceは大阪のメーカーです、お許しを。


ドーン!


またドーン!


引いてドーン!


車体左側はこんな感じ。

これね、鈴鹿8時間耐久ロードレースとか、耐久仕様っぽくて素敵。


写真を貼り忘れた動画を見る人はこちらへ↓




YZF-R6に限らず、オススメです。
https://www.babyface.co.jp/frameslider17R6.htm#2



関係ないけど、Amazonベーシックの巨大エクスパンダブルヒッチラックカーゴキャリーバッグ欲しい。
http://amzn.to/2z2x7ff

ツナギを二着突っ込んで、車に積んでおくのに便利そうです。



うっかり、REIでした。

iMac Proが欲しくなってしまって困ってます。

イメージ
こんにちは、アップルユーザーのREIです。

困ったパソコンが発表されております。それも、手持ちのMacBook Proが不調な時に!
冷静になれないタイミングで、冷静になれないパワーを持つ新型、どうしたらいいのでしょうか。

答えは出ているようなものなのですが、これを選ぶことで諦めなくてはならないものがあるので、その天秤で悩んでおります。

とりあえず、スペックを少しだけ見ておきましょう。


僕が萌えているのは、ここです。毎日YouTubeを更新している身としては、おそらくは現状のパソコンはここが足りないのではと。これほどのグラフィックは必要かどうかでは、多分不要なんですけど、馬力とトルクはあって困るものではありません。

余裕はありったけあった方がいいんです!

ミカ・ハッキネンかキミ・ライコネンか、確かミカなんだけど、こう言ってました。

"Power is never enough."

ま、正確には、in the circuitと加えてましたけどね。



とか言いつつ、こっちは冷静です。YZF-R1Mを手放せば、18コアも手が届くでしょう。
逆に言えば、どうやっても手が出ません。

ここは最小構成でいいと思ってます。それで買うことができるのであれば、ここは諦められます。


ここもなかなかの魅力です、冷却ね。きちんと冷やしてくれるそうです。こればっかりは使ってみるしか分からないですが、機械と熱の戦いは永遠のテーマですからね。

以前乗っていたDUCATI 1199 Panigale Sのレーサーをシャシダイで計測すると、夏と冬では15馬力以上の差がありました。


というわけで、こんな雑談動画を作りました。いずれアップしますが、悩みをぼやいてるだけの内容ですが、共感してもらえることはあるかもしれません。
https://youtu.be/LYIHXkbdTAk


例えばバイクを選ぶ時に、1000ccのスーパーバイクが欲しいとしましょう。そうすると必ず一定数の外野が現れ、こう言います。

「いらないでしょ」

心無い、つまらないコメントですね。

確かに、パワーも速さも普通はいりません。
だけど欲しいでしょう?
不要だからこそ、欲しいんです!
贅沢だから、必要なんです!


と自分に言い聞かせる動画です(笑)


アップは来週予定ですが、ぜひお付き合いください。
悶々なう、REI…

YZF-R6とYZF-R1を洗車してカスタムしたお話の予告

イメージ
こんにちは、REIです。
これはR6です。


これもR6です。


こっちはR1です。


これもR1です。


ここからはR6です。
シングルシートカバー、かっこいいですね〜。
ツルッとしてて、ヌメヌメっとしてる。


BabyFaceのエンジンスライダーをつけました。


BabyFaceのフレームスライダーをつけました。

かっこよさと防御力が大幅アップしました。


で、ですね。
これがあまりに秀逸、神パーツ認定しました!


車体右側のアクスルですが、シャフトの先っぽがこうなると、ホイール脱着タイヤ交換の効率が53万倍くらいアップします。

鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの、耐久車両によく見られる工夫ですが、これがバイクをいじる時にも威力を発揮してくれるわけです。

アクスルってなかなかスルッと通ってくれないんですよね…。まずホイールに当たって、次にブレーキキャリパーのブラケットに当たって、最後にスイングアームに当たります。

これはR1Mにも絶対につけたい!!


そんなわけで、こんな動画をアップする予定です。





REIVLOG、お楽しみに!

REIVLOGのブログが、この「REIVLOGのREIBLOG」ですが、更新頻度がちょっと回復してきました。

てゆっか、AmazonでYZF-R1(2015-)用のBabyFaceバックステップ買えるんだ!
http://amzn.to/2Brl61j
今見ると品切れだけどね。


Amazonがバイクパーツをどんどん在庫してくれると、プライムで翌日配送でめっちゃ便利だね。

日々のAmazonポチポチが止まらんです、REIでした。

ライダーのオススメなニットキャップ

イメージ
こんにちは、秋冬でビビり気味、REIです。

僕はいつもNEW ERAかAND-WEARのキャップをかぶっているのですが、今秋、新しいニットキャップが一軍登録されました。

クシタニのものなんだけど、東レのホットレイという暖かい糸を使っていて、響きで買ってしまいました。確かに暖かい気がします。バイクを降りれれば、誰ともかぶらないであろうブランドチョイスで気に入っています。

Amazonで買えますので、リンクはブログの後半に貼っておきます。便利な時代でありがたい限りです。そのうち、バイクも買えちゃう?


そういえば、久しぶりにこんなの乗ってきました。

YAMAHA T-MAX、欧州で売れまくりの屋台骨、さすがでした。前にこの型に乗ったのは、サーキットでした。楽しかったですね〜。

グリップヒーターとシートヒーターが標準装備のグレードで、寒いツーリングロケで大活躍してくれました。


それと、こんなのも。
これまた久しぶりの、YZF-R25です。僕のはこってりレーサーになっていて完全に別物なのですが、ノーマルもまたトコトコしていていいものですね。富士山を拝みに行ってきました。


さてさて、HARRY WINSTONのイベントでMCをしてきました。
このギャラがどこに使われるかと言いますと…


ただいま、コンピュータを絶賛アップグレード中のYZF-R1Mさんです!
今期は結局お金を貯めながらパーツを買い集めながらで全然走れませんでした。来季のレースに向けて、レベルアップ中です。


で、ですね。
冒頭でお話ししたニットキャップはこちらから買えます。

KUSHITANI(クシタニ) ニットキャップ キャンディーピンク K-4434
http://amzn.to/2zRkyWt

REIVLOGでもかぶりっぱなしになっています。

ベースボールキャップと違って、バイクに乗るときは上着の中にたくし込めて小さく薄くなるから携帯が便利ですね。

ピンクが淡い発色で大人っぽくて一目惚れでした。他にグレーとネイビーがあるようです。クリスマスプレゼントにもいいんじゃないかな。


REIでした。

Amazonオリジナルのドラマ”betas”が面白かった!

イメージ
ロンドンで育ち、ブラッセルでフランス語をかじって、中学生で日本にきて、英語が年々怪しくなってます、REIです。

今日はバイクとは関係のない話で、ドラマと英語の話です。

モータージャーナリストの仕事ついでに、通訳や翻訳を依頼されることがあります。内容によってはお引き受けして、内容によっては遠慮してます。
自分で海外メーカーに取材するのは別にして、英語の案件は時と場合によって選んでいます。それは自分のスキルによって、「できること」と「できないこと」と「できるようになりたいこと」の違いがあるからです。

英語の勉強の仕方は色々様々ありますが、海外ドラマを字幕なしで観るのが遊びながらの軽いトレーニングになっています。

そこでシーズンを見終わるごとに新しい作品を探すんだけど、たまたま”betas”という作品と出会いました。

内容はAmazonをご覧いただくと早いです(笑)
http://amzn.to/2AX3jPz

面白かったです!!
シーズン1だけで、シーズン2は制作しないと発表されているそうで、それは残念ですが、先が気になる終わり方なだけに妙にスッキリします。その先は自分の想像次第ですからね。


ちょっと内容に触れますが、身売りするかしないかということ。
難しい選択ですが、どちらも正解だと思います。

ただ、自分がスッキリする方がいいですよね。


なんてメッセージがあるように感じたこの作品、ご覧になってはいかがでしょうか。


テックものとギークものに弱い、REIがお送りしました。



この記事とは関係ないけど、この記事を書く直前までこんなことをしていました。
REIVLOGより

YZF-R25とCBR250RR

イメージ
こんにちは、REIです。
久しぶりにYZF-R25に乗る機会が巡って来ました。これは来年モデルの新色です。青黒が渋いですね!

何回かに渡ってREIVLOGでお届けします。今回乗るのは、2017カラーの青銀です。



ところで、CBR250RRのメディア試乗会に参加して以来、バイク専門誌MOTO NAVIにインプレ原稿を寄稿したっきり、YouTubeでYZF-R25との比較の話をしようと思って、そのままにしてしまいました。

今回がいい機会なので、整理してお話ししたいですね。それまでの間、CBR250RRをお探しの方に参考になるかもしれません。よかったらご覧になってください。


[前編]CBR250RR 技術説明会をお届け!
https://youtu.be/mAJkMJB7Rvg

[後編]CBR250RR 技術説明会をお届け!
https://youtu.be/3dTlWfSLHiU

CBR250RRのライディングモードを試してきたよ!
https://youtu.be/7IWlIQyBxe0

乗ってきた!CBR250RRのカラーと、日本仕様とインドネシア仕様の違い!
https://youtu.be/SPd44RUVPKY

CBR250RRの足つきとライポジ!
https://youtu.be/Z5id5quTrQc



REIVLOGのREIでした!
REIBLOGの更新頻度がちょっと回復して来たかも…(笑)

EICMAレポート予告、REIVLOGでお届け!

イメージ
こんにちは、REIです。

イタリア出張にはいくつかの目的がありました。
そのうちのひとつが、ミラノショーEICMAへの寄り道です。

これからREIVLOGでお届けする動画のサムネイル画像を先にお見せします。









魅力的なニューモデルが続々登場しますね!

まだまだバイクには進化する余地と、人が楽しむことのできる時間があるように思います。扱えない出力から、扱いやすい出力へ。排気量別の各クラスに、松竹梅のラインナップ。革新のメーカーは、さらなる革新へ。

楽しみです!

REIでした。

http://www.youtube.com/c/REIVLOG

イタリア出張のこぼれ話

イメージ
イタリアに行ってもエスプレッソよりもコーラを多く消費しました、REIです。

イギリスに住んでいた時は小さすぎて記憶はあまりありませんが、ベルギーはよく覚えています。自販機で買うジュースは20フランで、日本円でわずか60円でした。それが今や、空港や観光地でジュースを買おうとすると、300-400円もします。地元のスーパーだと100円くらいなんですけどね。

高くなった?
高くなってない?


ミラノの鳩です。

鳩です。


中世っぽい、クラシックなアーケード街で社会科見学っぽい子供達です。うちの子供にもこんなことをさせてあげたいです。ヨーロッパに住む方法をほんのり模索してみようかと思います。


さてさて、EICMAの話題です。
HONDAブースに展示されていたブランニューモデル、CB1000R。これすぐにでも乗りたいです。ホンダのもっちりした4気筒は他メーカーでは味わうことのできない、絶品です。たまたま最近の我が家はヤマハ車が続いていますが、HONDA機も欲しいです。

メーカー名の最後に”機”を足すと、MotoGPマシンっぽくなる気するのは僕だけでしょうか?


EICMAの大手メーカーブースのレポートはREIVLOGでお届けしますので、ぜひご覧になってください。

これはとある田舎町の宿からの眺めです。都市部を離れると、全てがファンタジー化します。ドラクエ化と言ってもいいかもしれません。

最初の村から見える峰の向こうには、魔王の城があるっぽいです。


気に入りすぎちゃって何度かSNSにアップしちゃった、アドバンスドナビゲーションホルダーシステムです。

コンデジの簡易三脚ゴリラポッドに、iPhoneを固定するマンフロットのホルダーを装着。これで日本語のGoogleマップにナビを安心して任せられました。

カメラ機材を持ち歩くユーチューバーで助かった瞬間でした(笑)


この後のYouTubeの予定ですが、EICMAレポートの他、YZF-R6のカスタムパーツを3点ほどまとめて紹介します。こちらもぜひフォローしてください!

REIでした。

ミラノショーEICMAでのヤマハ事情

イメージ
ミラノからお届け、REIです。職業は、たびびと、と名乗ろうと思います。

でもドラクエのたびびとのふくは弱すぎるので、ちょっと困ります。


さて、EICMAで僕が一番楽しみにしていたのが、YZFたちの2018カラーです。
これはYZF-R6の新色。2017対比、ブルーにマットブラックが加えられました。


YZF-R1も同様に、ブルーにマットブラックが入ります。


YZF-R1M兄さんは継続です。


SBKのファクトリーのスイングアーム。メデイアはなかなか触れませんが、レース車両はスイングアームがよく変わります。これ欲しいです。ただし、普通のタイヤでは意味がないようです。詳しくは、REIVLOGでお喋りしましょうね。


これはGMT94だっけな。


これYARTかな。逆かも、どっちだっけ。
世界耐久のチームです。


おねえさんの視線はもらえませんでしたが、お付きのメイクさんかスタイリストさんは視線を向けてくれました。

睨むなよ…。

ということで、YouTubeで360°お見せしますね。

本業(?)はREIBLOGじゃなくて、REIVLOGの方です、REIでした。